マリの登場とレイのミサトを無視した行動


エヴァンゲリヲン新劇場版:破より


いよいよカオルの登場
「時が来たね」ではじまる。


第10の使徒
誰がのっているか解らないエヴァが出撃して行く。0号機は2号機の援護にまわる。

 

 

マリの意味深なセリフはナゾを含む

 

アオバ   
「目標 ジオフロントに進入、2号機と会敵します」

ミサト   
「2号機との通信は!」

マヤ    
「相互リンクとの通信がカットされています。こちらからでは・・・」

ミサト   
「そう・・・ひとりでやりたいのね。」

このとき2号機には、マリが乗っいてる。


シンジが出て行ってしまったから、初号機をダミーシステムで起動しようとするんだけど起動しない。受け付けない。

ゲンドウ 
「冬月、少し頼む」と言って出て行く。

一方、2号機のマリは
「このままじゃ 勝てないな。よし! 試してみるか、人を捨てたエヴァの力を見せてもらうわ。モード反転、裏コード、ザ・ビースト!」
と言ってリミッターをはずす。

 

汚染区域突入もいとわないマリ。そこに0号機がが来る。
このときレイはシンジが出て行く時に、捨てていったミュージックプレイヤーを持ってる。レイはゴミ箱で、シンジの捨てたミュージックプレイヤーを見つけて持ち帰るんだ。

 

ミサト    
「0号機?ライフルも持たずに・・・」

リツコ    
「まさかっ!!」」
  
ミサト    
「レイ! やめなさいっ! レイ!」
この時レイは、ミサトの言うことなんか聞かない。

レイ     
「ATフィールド全開、碇君が、もうエヴァに乗らなくていいようにする。だから・・・」
レイは横に置いたシンジのミュージックプレイヤーを見つめる。ゲンドウのメガネから、シンジのミュージックプレイヤーに変わった。

ミサト    
「Eエヴァ単機では あのATフィールドをやぶれない。」

一方、マリも頑張ってる。ATフィールドを破ろうと必死だ。

マリ      
「2号機、最後の仕事よ! あと、いちまい~ぃ」
そこにレイが来る。

レイ     
「逃げてっ!2号機の人、ありがと」
レイは、ミサイルごと突っ込む。・・・・・・・・・・あ~ 倒せないよね~

 

マリは、汚染区域突入もいとわない。【破】ではマリの目的は、まだ解らない。

マリが、架設5号機ではじめに使徒を倒したあと海の上で
「自分の目的に大人を巻き込むのは気後れするな、サヨナラ、エヴァ5号機、お役目ごくろうさん」と言っている。


 
汚染区域突入もいとわないってかなりだ。そこまでしてもやりたいこととは・・・。
まあ、手段選ばずってところなんだろう。

 

女子にしては根性ある。この時点ではまだまだナゾだ。

 

感情バカ 人に愚かな判断をさせる意識・無意識のメカニズム【電子書籍】[ 和田秀樹 ]

 

変化は無自覚に、綾波レイのようにやってくる

 

一方綾波レイは、しっかりとシンジのミュージックプレーヤーを持っている。


「碇君が、もうエヴァに乗らなくていいようにする」と言っている。


ミサトの出撃命令がないのに、ライフルも持たずに0号機で出て行った。自分の命もいとわない。


あのレイが、これだけ一生懸命で、自分の意思でここまでするなんてはじめてだ。

 

レイは、自分自身でも気づかないうちに変化している。【破】では、旧作よりも解りやすく変わっている。

 

レイがエヴァに乗るときに、今まで持っていたゲンドウのメガネは、シンジのミュージックプレイヤーに変わった。


レイ自身は無自覚だろうが、そこにはシンジを想う気持ちが溢れている。

 

人はそんなに簡単には変われないと思っていても、環境の変化や周りの人との関わりの中で、綾波レイのように、知らず知らずのうちに変わっていくのかもしれない。 

 

無意識の心理 新装版/C・G・ユング/高橋義孝【合計3000円以上で送料無料】